ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

メモ帳

検索

最新の記事

寒のさ中もあたたかく
at 2018-01-19 09:21
お正月 2018
at 2018-01-04 15:13
2017年  有難うございました
at 2017-12-30 13:23
新宮州三木漆展
at 2017-12-14 15:26
新宮州三さんの木漆展は12月..
at 2017-11-28 16:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新宮州三さんの木漆展は12月8日から




b0203000_13234580.jpg

12月8日(金)に初日を迎える「新宮州三 木漆展」
いつもDMには、個展内容などを5行ほどに簡記してます。
その確認の為,「重箱、鉢、盆、椀」などと展示内容を仮に記して
新宮さんに問い合わせしところ、
回答には「お重、お盆、お椀」の表現に変わっての返信でした。
これまで思いつきもしない
「お」の力だけでハードがソフトへ、製品からお道具へ。
団らんの家族の笑顔まで浮かんできそうな変身でした。
たった一文字の「お」で。

4年ぶりの開催です、新宮さんの個展。
一度だけ京都・京北町の工房に伺いました。
車で太秦辺りをスタートして、鯖街道に入り
鳥獣戯画で有名な高山寺の下を抜け、北山杉の里を越えると
一気に視界が開ける京北の町に工房があります。
小一時間ほどの贅沢な景色を楽しみ、工房では選ばれた沢山の材を
見せてもらい「木の選択すべて」と言った趣旨の話に
耳を傾けたとを思い出します。

12月8日、「made in 京北」木漆の道具が沢山届きます。
新宮さんの目に<合格印>をもらった材で出来てる「木漆展」です。




[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2017-11-28 16:42

籠とうつわ

b0203000_11334989.jpg
こんな瞬間が一番ゾクゾクしてしまいます。

「ときどき一葉」を書かないと「滅多に(書かない)一葉」になると思い、
写真撮影してブログに移し、表題「籠とうつわ」と書きはじめたところに!
なんというタイミング。
郵便屋さんが「桐山浩実 竹籠展」のDMを配達してくれました。
【会期;11月29日~12月5日 場所;日本橋三越本店5階】

数年前、長野県の松本市にあるギャラリー「工藝マエストロ」で求めた籠です。
コンサートを聴きに行った際、お昼を頂いたお蕎麦屋さんに、飾ってある
青竹でできた裁縫箱を見て「きれいですね」と思わず言ってしまいました。
すぐ向こうの「マエストロさん」で個展をしてますよ。と教えて頂き求めました。

今朝、自転車で店に来る途中にひらめきました。
「久しぶりに桐山浩実さんの竹籠に器を入れよう!」

桐山浩実さんは一人で大分県竹田市の工房で青竹を切り、削り編んでいます。
・長い歴史の暮らしに沿いながら育まれた民具、その経験を通して、形など
無駄なモノは削ぎとられ「用と美」を兼ね備えただけの「暮らしの中の竹」
作り続ける桐山さん。

・漆を薄く何度も塗り重ね20回目に自家精製した国産漆を
塗って完成させる「本堅地椀」。「次世代に漆の技術を繋ぐ基本です」
と作り続ける漆作家の伏見眞樹さん。

竹の桐田浩実さん、漆の伏見眞樹さん、二人展は来年秋です。




[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2017-11-14 14:21

今日は立冬


b0203000_15134353.jpg
新宮州三さんの「木漆展」が、4年ぶりに12月8日(金)から始まります。
一昨日、DM撮影用の箱と大鉢が届きました。
端正に直線で構成されている箱と大鉢の激しい力強いのみの跡は
正に「静と動」です。
お重に、お椀、お盆、銘々皿などが届くとのこと。
丁度、1か月先になりました。

昨日、今日、朝の散歩時間に、まぁるい白いお月さんが
丁度西の空に落ちていきます。その時間に三人で歩いています。
ベンチに座りしばらくすると今度は東の空が赤く染まってきます。
公園で一番真っ赤に紅葉している木の下のベンチです。

村上躍さんの八角皿や余宮隆さんの飴釉皿、
届いたばかりの赤木明登さんのスープ皿も並べてみました。
深まる秋に料理が美味しそうに盛れそうな器です。

忘れていました! 
年末発行の雑誌の表紙に干支の戌を使いたいとの依頼を受け、
奈良・一刀彫の荒木義人さんに早めのお願いをしました。
届いた「戌」を見た瞬間、
忠犬ハチ公像を思い出しました。

木の作品ばかりが届き、温かい雰囲気になります。


[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2017-11-07 17:16