ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

メモ帳

検索

最新の記事

「すぐそばの工芸」三谷龍二展..
at 2018-05-18 07:28
三谷龍二「すぐそばの工芸」は..
at 2018-05-15 15:30
三谷龍二さんの個展は来週の金..
at 2018-05-09 18:22
お陰様で竹内紘三さんの個展-..
at 2018-04-10 15:51
花をかこんで
at 2018-04-03 16:32

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

夏を感じる硝子、白い器

津田清和硝子展が終了しました。
津田さんが初めて制作された箸置き< ひさご(泡) >
「一葉が開店して15年目のスタートにあたってのお客様へのちいさなお礼」を
直前のお願いだったにもかかわらず作って下さいました
抽選もご連絡も終わり、ちょっとだけホッとした気分です。

ありがとうございました。


入れ替わるように竹内紘三さんの白い器が届きました。
器はどれも、キリっとして、シャープ
やさしい白い色は温かい雰囲気を感じさせてくれます。
お客様はシンプルだからイメージを膨らませやすいのでしょうか
「シフォンケーキ用の平らな皿をつくってもらえますか?」などの声もいただきます。
きれいです。
b0203000_14594698.jpg

先日、店に二人の古い友人が立ち寄ってくれました。
一人は、小3からのS君、60年の付き合いになります。
翌日、中学校時代に一緒に通学したo君も顔を見せてくれました。
小学校の入学時からほぼ登校拒否だったので、三年生で転校したものの
S君達が誘い続けてくれてやっと5年生頃から登校しはじめた記憶があります。
中学校時代もやっとの状態で登校していたのかもしれません。

二人の友人は一葉の近くに来ると心配なのでしょうか。
「元気でやってるか!?」昔の習慣が「励まし行動」になっているのかもしれません。

久しぶりに、半世紀以上前のことを思い出してしまいました。
ありがたいことです。

もう、二人とも古希ですがそれぞれに頑張っている様子。
S君は遠くの貸農園で農作物づくりに精を出しているようです。
一度も成果物が届かないので、確認はできませんが。

o君はもうすぐに迫った趣味の写真サークル「プチポカ会」の発表会で忙しそう。
楽しそうで、古希をはるか越えたイキイキした目の輝きでした。
因みに、テーマは「私の好きな街=撮る」、会期は7月16日(日)~23日(日)まで
会場は西区福島町のkawai place  とのこと。
初日に力作を観に行く約束をしました、楽しみです。

いつもですが器のことは短く自分のことのボリュームは長くなります。






[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2017-07-07 20:11