ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

メモ帳

検索

最新の記事

「すぐそばの工芸」三谷龍二展..
at 2018-05-18 07:28
三谷龍二「すぐそばの工芸」は..
at 2018-05-15 15:30
三谷龍二さんの個展は来週の金..
at 2018-05-09 18:22
お陰様で竹内紘三さんの個展-..
at 2018-04-10 15:51
花をかこんで
at 2018-04-03 16:32

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

いよいよ、郡司さん

b0203000_17010999.jpg
スッキリとしたDMが出来上がりました。
郡司庸久さん、慶子さんご夫妻の二人展のDMです。

開催が、来週に近づいてきました。9月22日に初日を迎えます。
郡司さんは、22日(金)の初日に朝一番から在廊して下さいますので前泊してくださいます。
益子町の工房から一葉までは、ほぼ1000kmの旅程になります。
「本州ではこれまでで一番遠い西の開催地です」とのこと。もちろん広島開催は初めて。

ご夫妻の展覧会が西麻布の桃居での開催中、
ご夫妻にも作品にも初対面のご挨拶をしたところです。
静かな中に温かい何かが包み込まれているような佇まいの作品、
お人柄のように感じます。郡司さんの世界でしょうか。
一目ぼれでした。

今年の2月下旬、益子の街が雪におおわれる中、迎えて頂いたバス停での再会でした。
そして家族全員に迎えてもらった工房は、外の冷たさを忘れる温かさ。
郡司さんの世界の温かさは家族全員で作り上げてる世界を体感したようでした。
その作品は、来週から、広島・一葉で展示です。


いつも、ご夫妻一緒のお客様が来られました。
いくつ?50歳くらいのナイスお二人です。
5年ほど前、最初に来られた時から、いつもいつも二人連れです。
自転車に乗っていて土手から川に落ちた時、顔が赤チンだらけでも二人連れです。
太田川放水路ですから、底までは7~8m位はあるんでしょうか!?相当勇気のいることです。
私と犬との散歩コースですが、意気地がないので、いつも土手中央を歩いています。

つい最近、閉店直前に来店された時は、山形県の超辛口の日本酒「ばくれん」を持込れ、話に花が咲きました。
オランジュリー美術館の「睡蓮」ソフィア王妃芸術Cの「ゲルニカ」オーストリア絵画館の「接吻」等々
ナマで観た感想や絵の楽しみ方などを楽しく教えられました。

きけば、趣味は、美術品を幅広く鑑賞すること、日本酒を沢山たしなまれること、楽しいサイクリング!!とか。
どれも造詣が深い訳がわかりました。

「裏通りのうつわ話」でお客様おきゃくさまが話される話題の幅広さにはもう感心です。
 嬉しい裏通りです。


















[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2017-09-14 12:00