ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

メモ帳

検索

最新の記事

お陰様で竹内紘三さんの個展-..
at 2018-04-10 15:51
花をかこんで
at 2018-04-03 16:32
竹内紘三展 ーformーに触..
at 2018-04-01 14:06
オブジェ、そして白と黒のうつ..
at 2018-03-28 16:33
広島はサッカーの街、そんなつ..
at 2018-03-17 18:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

籠とうつわ

b0203000_11334989.jpg
こんな瞬間が一番ゾクゾクしてしまいます。

「ときどき一葉」を書かないと「滅多に(書かない)一葉」になると思い、
写真撮影してブログに移し、表題「籠とうつわ」と書きはじめたところに!
なんというタイミング。
郵便屋さんが「桐山浩実 竹籠展」のDMを配達してくれました。
【会期;11月29日~12月5日 場所;日本橋三越本店5階】

数年前、長野県の松本市にあるギャラリー「工藝マエストロ」で求めた籠です。
コンサートを聴きに行った際、お昼を頂いたお蕎麦屋さんに、飾ってある
青竹でできた裁縫箱を見て「きれいですね」と思わず言ってしまいました。
すぐ向こうの「マエストロさん」で個展をしてますよ。と教えて頂き求めました。

今朝、自転車で店に来る途中にひらめきました。
「久しぶりに桐山浩実さんの竹籠に器を入れよう!」

桐山浩実さんは一人で大分県竹田市の工房で青竹を切り、削り編んでいます。
・長い歴史の暮らしに沿いながら育まれた民具、その経験を通して、形など
無駄なモノは削ぎとられ「用と美」を兼ね備えただけの「暮らしの中の竹」
作り続ける桐山さん。

・漆を薄く何度も塗り重ね20回目に自家精製した国産漆を
塗って完成させる「本堅地椀」。「次世代に漆の技術を繋ぐ基本です」
と作り続ける漆作家の伏見眞樹さん。

竹の桐田浩実さん、漆の伏見眞樹さん、二人展は来年秋です。




[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2017-11-14 14:21