ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

メモ帳

検索

最新の記事

光藤佐(ミツフジタスク)さ..
at 2018-11-27 18:48
来週スタートの光藤佐展、瑠璃..
at 2018-11-24 17:35
平和を祈って
at 2018-11-13 19:49
2018 余宮さんの広島展
at 2018-10-29 08:59
余宮隆展の初日は今週の金曜日..
at 2018-10-23 17:58

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2018、伏見眞樹漆展の初日

b0203000_18080016.jpg
 伏見眞樹さんの漆器との出合いは
 2006年、東京・世田谷区成城の「ギャラリー一葉」さんで開催された
 伏見眞樹さんとガラスのハシヅメミツコさんの二人展。
 
 東京在住の(大人の)子供から『「漆とガラス」は相当と思う』と添えて
 作品を送ってくれた。
 送られた器は、いかにも几帳面、丁寧、そしてシンプル。
 すぐに伏見さんに電話したことを思い出す。もう12年も前のこと

 伏見眞樹さんの広島の「ギャラリー一葉」での個展開催も4度目に。
 イマの生活に沿いながらの新作づくりは今展も続いている。
 今回、広島デビューの漆のストロー(2160円/本)や オリーブオイル差し、
 携帯ケース付きスープスプンやベビースプン。
 広島らしい孟宗竹に吹き漆をかけたお好み焼きのヘラ、
 カープの赤色スプーンには、その場で数字とアルファベットの刻印をサービス。

 「初日から最終日まで在廊」の
 伏見眞樹さんとお客さんの話は初日、重箱や湘南の話でもりあっがていた。
 



 



[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2018-09-21 20:35