人気ブログランキング |


ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2020年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

メモ帳

検索

最新の記事

今週の金曜日から
at 2019-11-12 18:55
もうすぐ、「中尾万作 木曽志..
at 2019-11-09 18:44
みんな お茶しましょ!
at 2019-10-16 18:18
お茶、しよっ! 11日目です
at 2019-10-11 17:21
いよいよ、「お茶、しよっ!」..
at 2019-09-30 19:44

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:未分類( 316 )

一葉からのお知らせ

b0203000_1481379.jpg〒730-0013
広島市中区八丁堀8−2
(八丁堀電停 徒歩3分 東急ハンズすぐ北)

tel&fax 082-221-0014
email ichiyo@chive.ocn.ne.jp

営業時間 11:00am→7:00pm
定休日   日・月曜日、祝日 

b0203000_0323228.jpg
 
  
●中尾万作 木曽志真雄 二人展
  11月15日(金)~11月23日(土・祝)

 


 
      
    
 
   
   
   


       

  




by hiroshima-ichiyo | 2020-12-31 23:59

今週の金曜日から


b0203000_16171207.jpg
今週の金曜日、15日から始まる「中尾万作 木曽志真雄 二人展」
今朝、一緒の便で作品が到着しました。
積まれた箱から、一番上の箱の中の器だけ少し開いてみると
木曽さんの箱から1番に顔を出したのは直径31・29㎝×高さ10㎝の楕円の大鉢
特徴的なマットの織部、おおらかなでゆったりしたかたち
作家は木曽志真雄さん、と瞬時にわかる大鉢です
あの、いつもの木曽さんの笑顔まで浮かんできます。
b0203000_16174062.jpg
<ひさご文藻刈舟小皿とぶどう文耳付ボウル>
中尾さんの箱からは染付の器が一番に出てきました
鮮やかな呉須の色、程よい厚みが手取りの心地よさ強くします
これから全部、開いてみます。
福盛の大皿をはじめ長方皿、六角皿、5寸丸皿、藻刈舟皿、四方皿、輪花六寸皿、平皿、楕円小皿
紅梅広口盛鉢から大鉢、浅鉢、片口鉢、小鉢
湯呑に飯碗、マグカップに向付、ボウル
トリコロールのカップや金サビの福皿など
食卓を楽しくしてくれる器うつわばかりが出てくるとのこと、楽しみです。





by hiroshima-ichiyo | 2019-11-12 18:55

もうすぐ、「中尾万作 木曽志真雄 二人展」が始まります

b0203000_13455645.jpg


<中尾万作さんの染付格子角鉢とトリコロールの丸鉢>

直前のブログは10月18日でした。
14人の作家さんに出展してもらった企画展「お茶、しょっ!」の結果の報告時でした。
鎌倉山のチーズケーキの当選発表した時以来になります。
もう三週間が過ぎます。その間に立冬までもが過ぎてしまいました。

今度の金曜日からは「中尾万作 木曽志真雄 二人展」が始まります
白磁や染付の中尾さん、織部の木曽さん、きっと楽しんで見て頂けそうです
木曽さんは3回目の来広ですが、
中尾万作さんは個展を含め、初めて広島での展示会です
一葉の店頭に展示させてもらい始めてからもまだ2年ほどです

でも、名前を知ったのは万作さんが1番早いかもしれません
横浜在住の高校時代の友人宅に泊めて貰った時、
私の器好きを知って、とにかく「万作さんの器大好き!」の奥さんから
万作作品ばかり沢山見せて、説明してもらって夜遅くなったのを記憶しています
もう20年くらい前の話です
その時、私は器屋さんでなく前職のサラリーマンをやってる頃のことです
その時、器は印象的に映りました
イマの器ともうすぐ会えます 楽しみです





by hiroshima-ichiyo | 2019-11-09 18:44

みんな お茶しましょ!

b0203000_11493193.jpg

<村上 躍作の黒焼締ポットとチタン釉馬上杯>

10月1日から14日まで開催いたしました「お茶、しよっ!」に
たくさんご来展頂きまして有難うございました

鎌倉山・ハウスオブフレーバーズの チーズケーキの当選者は、
お二方とも広島市在住、山崎様と竹内様でした
おめでとうございました。別途ご連絡させて頂きます

テーブルを囲んで笑顔と笑顔
そんな毎日であってほしいものです
「お茶、しよっ!」で


by hiroshima-ichiyo | 2019-10-16 18:18

お茶、しよっ! 11日目です

b0203000_13351278.jpg
<下岡由枝さんのポットと湯呑>

なんとも不思議な魅力にあふれているように映ります
                何色? 風合いは?この形は?作家の強い個性が光ってます
        使ってみると?流れ出るお茶の落ち着いた動きがとても綺麗
淹れ切ってしまうともちろんポットはカラッポです
お客さまには、まさに黄金の一滴をふるまうことが出来そうです

フォルムと道具の要件が融和して長く使えるいいポットのように思えるのです
静かな佇まいの器には強い闘志が隠れていそうです

元気な証拠でしょうか
展覧会の期間は定番的に九日間としていた記録を破って、
今日は11日目です
14日目まで続きます

今日、初めてのお客様が来られました
ご来店が初めてではなく、ホルトハウス房子の店「ハウスオブフレーバーズ」の
チーズケーキ1ホールが抽選で2名の方に当たることを知って来られました
《「お茶、しよっ!」の企画展だからケーキはつきものでしょう》
とスタート前日に思いつきブログに1行だけ記しました
多くの方の投票はとても嬉しく、修了後、皆さんの前での抽選が楽しみです。
当選者の2名の方にはすぐにご連絡いたします



















by hiroshima-ichiyo | 2019-10-11 17:21

いよいよ、「お茶、しよっ!」のスタートです

b0203000_09271144.jpg
                     姫コップ(洗朱/6cm×6㎝/7700円) 伏見眞樹作
b0203000_18433763.jpg
                チタン釉馬上盃(8800円)とマグカップ(11000円)  村上躍作

  今日、すべての作家さんから作品が届きました
  準備が整い、いよいよ”お茶にしましょう!”のスタートです。
   明日、10月1日11時からが開始の時間です。

  器の展示も終わり、いつも看板を書いてくれる、まどかさんも書を持って来てくれました。
  もう17年、個展の都度書いてくれてます、大感謝です。その時の高校生はもう三児の母です。

  準備は完了!と思ったら思い出しました。
  今回のDMを描いて貰ったハラアツシさんは鎌倉在住の若手イラストレーター。
  先日話す機会があり、お茶するなら美味しいお菓子も欲しいね、と
  意見が一致したことを思い出しました。
  ハラさんの地元のお菓子屋さんを教えて貰いました。
  「鎌倉山のホルトハウス房子の店「ハウスオブフレーバーズ」のチーズケーキが美味しそう!
  「お茶、しよっ!」のお買い上げのお客様にプレゼントされたらいかがですか?
  いいですね!今回は2%のupだから。
  お二人お客様にチーズケーキ(小)1ホールずつにしましょうか!
  トントン拍子に決まります。アッという間に決まってしまいました。

  ハラ アツシさんにイラストをお願いすることに決めた時もこんな感じでした。
  きっと、相性がいいのでしょう!
  
  スタートは明日10月1日からです




by hiroshima-ichiyo | 2019-09-30 19:44

明日10月1日、 いよいよ「お茶、しよっ!」は始まります

b0203000_09234112.jpg

b0203000_09251012.jpg
<展示のマグカップの一部と中田さんの脚付きマグ>

お茶、しよっ!展は明日から始まります。
マグカップ、プレート、ポットやモダンなお湯呑をたくさん作ってもらいました
上達しない写真ですが、少しみていただこうと。

嬉しい毎日が続いています
作家の皆さんが作品と一緒に気持ちを添えてくださいます
お忙しい中の一筆です
胸が熱くなる瞬間があります








by hiroshima-ichiyo | 2019-09-30 10:20

10月1日へ、郡司庸久さんのカップソーサ会場入り

b0203000_16284864.jpg
10月1日、
”お茶、しよっ!”と題した「カップとポットとプレート展」が始まります。
14名もの作家さんに参加いただき14日間にわたっての開催です。

写真は郡司庸久さんの登り窯から生まれた白磁のポットとカップソーサ。
直径7cm、高さ7cmのカップは柔らかくカーブし、直径13cmのソーサはシンプル。
そのバランスの良さにうっとりし、思わずカップを持ってしまうと
郡司さんの器の個性でしょうか、あくまでもカップはやさしく掌に包まれ、
まさに”お茶、しよっ!”の始まりです。
10月1日からの展示です。

ご夫妻で、使い勝手のいい器を、淡々と深く丁寧に作り上げて,
お客様へ確かにお届けする、あたたかい郡司さんの器が届きます。

”お茶、しよっ!”に参加して頂いた作家14名(敬称略)
 伊藤環 小野哲平 郡司庸久・慶子 下岡由枝 新宮州三 中田篤 西山千代子
 伏見眞樹 光藤佐 村上躍 矢野直人 横山拓也 余宮隆


A子さんとの早朝の散歩を1年ぶりに再開。
きっかけは、2代目ジャックラッセル犬の「百 モモ」がやってきたこと。
同じコースを歩き、同じベンチに座っている、
変化は、途中で買っていたコンビニの珈琲を卒業し。自宅で淹れた珈琲を持参している。
ポットに入れ、陶の愛用マグとクッキーかパンを持参し、
公園の指定席のようなベンチでまさにプレモーニング。

目の前では旬のラグビー、野球やサッカーの朝練も、みんな小学校の低学年位に見える。
それぞれ父親は星飛雄馬の現代版に見える厳しい練習、子供達が頑張ってる。
斜め前には一人で黙々とヒップホップ少年やグランドゴルフ少年も。中学生だろうか。
他は大人組。横には体操やリハビリの方が頑張り、後方はテニスボールの快い音。
      そんな朝の光景の中、ベンチでの10分程のひと時は、
       1日のスタートに相応しいまさに至福のひととき
       「お茶、しよっ!」を実践しているようです。











by hiroshima-ichiyo | 2019-09-20 18:52

お茶、しよっ!展は10月1日初日です

b0203000_14565364.jpg
”お茶、しよっ!”
10月1日、「カップとポットとプレート展」を2週間にわたって開催いたします。
そのDMが出来あがり印刷屋さんから届きました。

みんなで丸いテーブルを囲んでお茶しています。
あったかぁい時間がながれています。

カップやポット、プレートなどは14名の作家さんの制作です
伊藤環、小野哲平、郡司庸久・慶子、下岡由枝、新宮州三、中田篤、西山千代子
伏見眞樹、光藤佐、村上躍、矢野直人、横山拓也、余宮隆(五十音順、敬称略)

イラストは鎌倉在住のイラストレーター ハラ アツシさんです
偶然、ハラさんのイラストと出会い、どの作品もあったかくて、一目ぼれ。
すぐに「お茶、しよっ!」の展覧会に向けて描き起こしてもらうことにして
夏休みをほぼつぶしてもらって、出来上がったものです。

初めてづくしの「お茶、しよっ!」は
10月1日、初めて火曜日からのスタートです。




by hiroshima-ichiyo | 2019-09-05 17:19

暑い、8月6日


b0203000_17113134.jpg
       <白磁隅切長方皿と楕円深皿(小・中) 中尾万作 作>

   中尾万作さんの白磁や染付の食器が大阪の工房から届きました
  磁土に工夫を加えながらの柔らかい風合いの食器、その雰囲気が好きです
  万作さんの食器は、独特の温かさ、料理映え、飽きがこないこと等々の
      特徴をもったすぐれもの、もちろん収納しやすいことも

     訪問時「ガス窯の一般的な焼成に比べ二倍はいれている」と
   その表情が「丈夫!」と言う安心感を発信したことも思い出す
 
     色絵も染付も奔放で生き生きとした筆致の万作さん
       料理を主役にしてしまう魔法の筆のようです
b0203000_13191639.jpg
今年も札幌の燭台作家 山岸 勉さんから送られてきました
燭台とキャンドルです
「慰霊の日にあたり、ささやかながら小さな祈りの火を灯してください」
と添えられています

更に、山岸さんの手紙には、世界各地で起こり続け、いっこうに収束しない
戦争や核の問題に対し、
平和へ!と強い祈りを感じさせるメッセージも

広島の街には山岸さんの「平和を訴える灯」がもっと多くの人に見てもらえる
適所はあることは承知のうえですが
今年も一葉に送ってくださった山岸さんへ感謝しながら
平和を祈りながら灯させていただきました



by hiroshima-ichiyo | 2019-08-06 19:56