ギャラリー 一葉


by hiroshima-ichiyo

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

郡司さんの
お知らせ
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

メモ帳

検索

タグ

最新の記事

もう秋の気配も
at 2018-10-06 14:59
oiru差し
at 2018-10-03 19:34
優勝!その時、赤い漆のスプ..
at 2018-09-24 18:33
ケーキスプンが真打登場
at 2018-09-22 20:47
2018、伏見眞樹漆展の初日
at 2018-09-21 20:35

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2018年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

優勝!その時、赤い漆のスプーンに「瞬間を刻む」

b0203000_13570266.jpg
<9月Xデー> カープ、2018セリーグペナントレース優勝! の時

赤いスプーンに、年月日や名前や、感激の言葉などを記してみては?!
数字とアルファベットであれば、伏見眞樹さんがその場で刻印します。
(9月28日まで、無料で、青い紙の先部分に刻印)

伏見さんのカトラリー(孟宗竹)制作は1990年9月にスタート。
以来、30年近く経った今、その数は1万本をゆうに越えているとか。
食卓の道具として、生活に沿いながら使い勝手をとことんまで追求する伏見さん。
使い勝手はとてもよく、その口あたりもやさしく、
全国のご家庭の食卓で活躍してるロングセラーのカトラリーです。
その日!を記してみませんか?
b0203000_12072853.jpeg
「一葉の15周年」時に刻印してもらったもの。


[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2018-09-24 18:33

ケーキスプンが真打登場

b0203000_19310656.jpg
b0203000_19313045.jpg
初日、一番に来展いただいたお客様から「ケーキスプーン2本」の注文。
ケーキスプーンの人気は高く、品切れ状態のこともあり、
今もその状態で届いていませんでした。
伏見さんのはからいで、今日ケーキスプンが2本届きました。
明日からは「見本」としてですが、実物のケーキスプンを見てもらえます。

人気の要因は、徹底した使い心地の良さ、竹(孟宗竹)で出来ている強さ。

そして、その特徴は①「左利き用・右利き用」(写真上:奥が左利き用)の
2種類を準備するという伏見眞樹さん流の行き届いた心配り。
②スプーン部分が厚さ1㎜ととても薄く、
ケーキの切り口はきれいで、口あたりはあくまでもやさしい。
長さ約17㎝、スプーン幅3.3㎝、重さは5.5グラムほど(写真下)で
価格は7560円/本。

あくまでも「使う人ファースト」優々規格のケーキスプーン。
お使いの女性のお客様「ケーキスプーンがいつ口を離れたかわからない」





[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2018-09-22 20:47

2018、伏見眞樹漆展の初日

b0203000_18080016.jpg
 伏見眞樹さんの漆器との出合いは
 2006年、東京・世田谷区成城の「ギャラリー一葉」さんで開催された
 伏見眞樹さんとガラスのハシヅメミツコさんの二人展。
 
 東京在住の(大人の)子供から『「漆とガラス」は相当と思う』と添えて
 作品を送ってくれた。
 送られた器は、いかにも几帳面、丁寧、そしてシンプル。
 すぐに伏見さんに電話したことを思い出す。もう12年も前のこと

 伏見眞樹さんの広島の「ギャラリー一葉」での個展開催も4度目に。
 イマの生活に沿いながらの新作づくりは今展も続いている。
 今回、広島デビューの漆のストロー(2160円/本)や オリーブオイル差し、
 携帯ケース付きスープスプンやベビースプン。
 広島らしい孟宗竹に吹き漆をかけたお好み焼きのヘラ、
 カープの赤色スプーンには、その場で数字とアルファベットの刻印をサービス。

 「初日から最終日まで在廊」の
 伏見眞樹さんとお客さんの話は初日、重箱や湘南の話でもりあっがていた。
 



 



[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2018-09-21 20:35

漆のストロー、9月21日に登場

b0203000_12284836.jpeg
9月に入ると「少し秋かな?」と感じさせる風もありますが・・・
ここは広島、めっぽう「ツヨイ、アツい、カープ風」が吹きまくってます、
とりわけ今年、台風で言えば目にあたる中心の合言葉は「三連覇」
この時季に来て益々ヒートアップ、熱いあつい熱風が吹きまくってます。
リーグ戦が順調に一区切り、「ポストシーズン」に向けての風が吹いている頃」

ちょうど、お彼岸の頃「伏見眞樹漆展」が一葉で始まります。

伏見眞樹さんの個展は4回目。いつも創造力に溢れた漆器・カトラリーの
新作を個展で披露してくださいます。
特に前回は、お嬢様が広島に新居を構えられたとのことで、
「カープフアン!」に。
丁度「優勝」の2文字が慌ただしく踊るタイミングと重なり
「2016 carp」の刻印入りの竹の赤いカトラリーが大人気に。

もちろん、奥様と二人の手作業から生まれるカトラリーが、制作開始から
とっくに1万本を超え、「使い勝手が良い、口あたりが素晴らしい」との
評価が不動のものとなっているからではありますが。

あっ!ストローの話です。環境の面から今話題になっているストロー。
そんなニュースを見てる間に伏見さんから電話「ストローを作りました」と。
どんな仕様ですか?
  ⦿素材はステンレスの「漆焼き付け」⦿長さ26㎝、直径は6㎜ 
  ⦿価格は、1本2160円(税込)色は三色で、朱・黒・潤
  🔵伏見さんらしく「洗浄用ブラシ付き」です。
  ◎今回は各10本だけの展示になります。

地域密着型漆器として竹で出来た「お好み焼きのヘラ」も届くそうです。
ますますもって楽しみです。










[PR]
by hiroshima-ichiyo | 2018-09-05 17:31